大洗町の文化

  祭神

大洗磯前神社の祭神は、「文徳実録」によりますと斉衡3年(856)に当地にご降臨の時に、「我是大奈母知少比古奈命也」と自ら名乗られたとありますことから、鎮座当初からその祭神は「大己貴(おおなむち)神」と「少彦名(すくなひこな)神」の二柱でした。

水戸綱條(粛公)が奉納した「大洗磯前大明神本縁」にも、冒頭に「常陸国鹿島郡宮田邑大洗磯前にしづまります大明神は大己貴命、少彦名命の二柱なり。」とあります。
  因みに、ここで「本縁」奉納のいきさつを申し上げますと、永禄年中(1558〜69)に小田氏の乱のために兵火に罹り、当社の建物、古文書はすべて灰燼に帰してしまいましたが、あの「黄門さま」(2代水戸藩藩主徳川光圀)がこのような状態を畏れ多いことととして、再建の地を選び、元禄3年(1690)に殿社が再建され、そして正徳五年(1716)8月に第3代藩主綱條(粛公)が本神社の縁起2巻をお作りになり納められたという次第です。
  (光圀公から綱條公へのバトンタッチについての興味深い言い伝えがありますが、これについては「黄門さまと犬公方」(山室恭子著、文春新書、平成10年刊)という新書に軽妙なタッチで面白く説明されていますので、興味のあるお方はそれをお読みください。)

また、当社が明治7年8月に「県社」に列格した際の、「大洗磯前神社明細取調書上」(社蔵)にも祭神大己貴命、少彦名命とあり、明治17年7月に当社から「祭神名訂正方申請」(社蔵)により、同年8月29日に、「祭神大己貴命、配祀少彦名命」と訂正されました。

「大己貴神」は古典によりますと、「大穴持命」(出雲風土記、伊予風土記逸文)、「大己貴神」(日本書紀、古語拾遺)、「大国魂神」(古語拾遺)、「大穴牟遅神」(古事記)、「大汝(命)」(播磨風土記)などの表記があり、「古事記」では大国主神、大穴牟遅(おおあなむぢ)神、葦原色許男(あしはわしこを)神、八千矛(やちほこ)神、宇都志国玉(うつしくにたま)神と併せて5つの名があったと記しています。また、「日本書紀」では、大国主神は大物主神、国作大己貴命、葦原醜男、八千矛神、大国玉神、顕国玉(うつしくにたま)神と六つの名を記しています。八岐大蛇を退治したあの「素戔嗚=須佐男(スサノヲ)命」の6代後の子孫に当たります。
  あの「因幡の白ウサギ」の話の主人公としては大穴牟遅と呼ばれ、八十神(大勢の神)の迫害を逃れて行った「根之堅州国」では葦原色許男と呼ばれ、そこで須佐男(=素戔嗚)による幾多の試練を受けて強くなり、戻って八十神を追って大国主の誕生となりました。

「少彦名神」は「宿奈毘古那命」(伊予風土記逸文)、「少彦名命}(日本書紀)、「少名毘古那神」(古事記)、「少比古尼命」・「少日子根命」(播磨風土記)などの表記があります。
  この神は、「古事記」によりますと、大国主が出雲の美保崎(島根県美保関)におられたとき、天之羅摩(かがみ、即ちガカイモという蔓草のことで、その果実は鞘が割れ中の種が飛び出す。その割れた鞘を船に見立てたもの。)の船に乗り、蛾の皮の衣服を着て近づいてきた小さな神で、久延毘古(くえびこ)に「神産巣日(かむむすび)神の御子少名毘古那神である」と聞いた大国主神が、 神産巣日神にこの旨申し上げると、神は「これは確かにわが子だ。私の手の俣より落ちこぼれた子である。 あなたと兄弟の契りを結んで国を作り堅めよ」と言われたので、 二人でこの国を経営しました。その後、少名毘古那神は常世の国へ渡られてしまいます。

神徳

 すでに引用しました「大洗磯前大明神本縁」には、「此神おほよそ七名あり。大国主神、大物主神、大己貴~、葦原醜男、八十矛神、顕国玉神、大国玉神などいへり。其の名を聞て其実をしるべし。」とあります。列挙された名前は、「古事記」にある名前で、「名が実を表している」と言っています。
  古事記に記載の5つの神名は、大国主神は「大国を造り、治める帝王」という意味であり、「七福神」の一人である大黒様としても知られています。大穴牟遅とは、大名持で、「功績多く著名な」という意味であり、葦原色許(醜)男は「しこお」は強い男の意ですから「葦原之中国(日本本土)において立派な功業を立て治める強い偉い人」という意味であり、八十矛神は「葦原之中国においていろいろの武器を以って悪い者を平らげ国造りの功業を立てた強い人」の意味であり、宇都志国玉(現国玉)神は「現在の国の守護神」、という意味合いを込めた名称と思われます。

「日本書紀」神代上(小学館「日本古典文学全集2のp102)に、「一書曰 大国主神 亦名大物主神、亦号国作大己貴命、亦曰葦原醜男、亦曰八千戈神、亦曰大国玉神、亦曰顕国玉神。其子凡有一百八十一神。夫大己貴命与少彦名命戮力一心、経営天下、復為顕見蒼生及畜産、則定其療病之方、又為攘鳥獣・昆虫之災異、則定其禁厭之法。是以百姓至今咸蒙恩顧。」とあります。
  (大己貴~は、またの名を大物主神、国作大己貴命、葦原醜男、八千戈神、大国玉神、顕国玉神と申し、そのお子は合せて百八十一神であった。少彦名神と共に、心を同じくして共に力を合わせて、天下を経営され、この世の人間と家畜のためには、その病気の治療法を定め、鳥獣・昆虫の災害を払い除くための防除法を定められました。これによって人民は今に至るまでこの神のおかげをこうむっている。)
  「古語拾遺」にもほとんど同じ記載があります。

 

茨城県神社庁のホームページにも、大洗磯前神社の項で次のように同内容の記載をしています。

「大己貴命(大国主神)は国土を開拓し殖産興業に力を尽し人々の生活の基礎を築き、少彦名命と共に山野に薬草を求めて、病難に苦しむ人々を治療し又禁厭の法を定めて、民の災禍を防ぐ等、国土の経営と民生の安定を計り徳望高く人々は深くその恩恵を蒙って居りました。
  当神社のご祭神は昔から大国様、恵比須様と親しまれ、家内安全、商売繁昌、福徳円満、良縁成就、開運厄除の大神、更には酒造、病難治療の祖神としてあらたかなご神徳により広く厚く信仰されております。」

さらに、「東茨城郡誌」の大洗磯前神社の項には「この二神は医薬の法を定め給える神にましませば、もとより薬師の神と申しけむこと明らかなり」とあり、「茨城県神社誌」には「当社の大神は、古来薬祖神として医師医薬業関係者の信仰厚く、又、醸造の神、漁業の守護神、産業の守護神として広く厚い崇敬者層がある」と記されています。

特に漁業での神徳については、「新編常陸国誌」の大洗磯前薬師菩薩神社の条には、「磯浜村は漁業を以って生業として来たが、古来より溺死者は皆無であった。元禄6年7月7日、銚子沖での鰹漁をしていると突然に暴風に襲われ、船は毀れ、756人が溺死した。磯浜村の漁師も63人がその船中にあったが、一名の犠牲者も無かった。船が傾き転覆するというまさにその時に一同がそろって本社に祈願したが故であった。」とあり、また、「元禄9年7月26日、磯浜村の舟子15名が、岩城郡内の他村の漁師と一緒に鰹釣漁に出たところ、急に大嵐に襲われ船は大破し、3千余人が溺死した。同船していた本村の舟子達15人は、破れたる船板に縋って一昼夜漂流したが、廻船漁船と遭遇しこれに助けられ全員が無事帰還した。これも偏に本神社に祈願したからである由。」と記載されています。
  全く同じ記載が「大洗磯前大明神本縁」付属書にあり、また、同様に「茨城県神社誌」の由緒沿革の項にも、日付こそ元禄6年と宝永元年と異なっていますが、同じ記載があります。

現在では、大洗磯前神社のホームページには、交通安全・家内安全・開運招福・病気平癒・快気御礼・身体健全・心願成就・神恩感謝・旅行安全・必勝祈願・方災除・商売繁盛・社運隆昌・工事安全・職場安全・海上安全・大漁満足・子宝祈願・安産祈願・初宮詣・虫切り祈願・七五三詣・十三詣り・成人祝・良縁成就・厄除・還暦祝・学業成就・合格祈願・留学安全・その他、とありとあらゆる「願い事」を成就してくれると書かれています。